スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

ITの秘孔

2018年9月23日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2018-09-23

ウォーリーがITと相性が悪い日だとPHBに訴えています。
会社を守るために鉛の箱に入っていていいか許可を取っています。
PHBが、「本当に入っているかどうやってわかる?」と聞いたところ、「スマホがちゃんと動いていれなわかる」と。
PHBが気づくときはくるのでしょうか?

「Bad technology day」とはITがうまくいっていない日のことです。
「Freezing」とは固まることです。
「Down」とは落ちていることです。
「Warning lights」とは警告灯のことです。
「Like a Christmas tree」とはクリスマスツリーのデコレーションみたいにピカピカ光っていることです。
「Laptop」とはラップトップ、ノートパソコンのことです。
「Boot up」とは立ち上がることです。
「Coincidence」とは偶然のことです。
「Take that chance」とはリスクを取ることです。
「Permission」とは許可のことです。
「Lock myself」とは自分を閉じ込めることです。
「Lead-lined box」とは鉛が仕込まれている箱のことです。電波を遮断するわけです。
「Protect」とは守ることです。
「Rest」とは残りのことです。
「Working fine」とはちゃんと動いていることです。
「Hero」とは英雄のことです。

「Bad hair day」の亜種かな?
朝、髪型が決まらないと一日すべてがうまくいかない気になるのです。
何事も裏目に出たりして、調子が良くない日のことを言います。

ちなみにスコット・アダムスはIT機器と相性が悪いと昔から言っています。
「Tech touch of death」で、触ったものすべてが壊れるとか。
「ITの秘孔を突いている」かんじでしょうかw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント