スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

ボトルネック

2018年11月11日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2018-11-11

PHBがハシゴを探しています。
ディルバートにどこにあるか知っているか聞きました。
ディルバートは、「探すのを手伝えるけれど、大きなコストが伴う」と。
・午前中ずっと集中してやっとバグを見つけた。
・ここで中断するともとに戻ってしまい、1日の作業がパーになる。
・その間、バグが直るまで他のチムメンバーは何もできない。
よって、ハシゴを探すのを手伝えるけれど、会社の生産性で$12000の損失になる。
ディルバートが「よっぽど良い理由があるといいが」と言ったら、PHBは「ある」と。
それは、、、

「Ladder」とは「梯子(はしご)」のことです。
「Big cost」とは多大なコストのことです。
「In the zone」とは集中している状態のことです。
「Figure out」とは見つけることです。
「Bug」とはバグ、ソフトウェアの欠陥のことです。
「Interruption」とは割り込んで中断することです。
「Square one」とは初期状態のことです。すごろくの最初のコマを想像するといいでしょう、
「Productivity」とは生産性のことです。
「Meanwhile」とは、「その間」ということです。
「Good reason」とは「良い理由」のことです。
「Ceiling tiles」とは天井のタイルのことです。
「Feels like」とは感触のことです。

ディルバートがボトルネックになっていると判断されそうw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント