スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

自分が間違っていても認めない

2019年3月24日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-03-24

ヒゲが「、、、それがその問題に対する私の意見だ」と締めます。
ディルバートが「あなたが信じている事が間違っていると証明するユーチューブ動画だよ」とヒゲにスマホを見せます。
「ただの意見ではないことに注目」と続けます。
「あなたが起きなかったと言っている出来事の最初から最後までの動画です」と。
さらに「あなたの意見が違うと書いてあるマスコミの記事を10個あげる」と送ります。
ディルバートは「間違っていると証明されたので、さっき言ったことを全部取り下げたいですか」と聞きます。
しばらく沈黙した後、ヒゲが「なんであんたは間違っている時にそれを認めることができないんだ」と言うとディルバートは、、、

「Think」とは思っていることです。
「Issue」とは問題のことです。
「Youtube video」とはユーチューブ動画のことです。
「Proving」とは証明することです。
「Believe」とは信じていることです。
「Wrong」とは間違っていることです。
「Notice」とは注目することです。
「Just」とは「ただの」ということです。
「Opinion」とは意見のことです。
「Entire event」とは出来事の全部のことです。
「Claimed」とは主張することです。
「Sending」とは送ることです。
「Link」とはリンク、インターネットアドレスのことです。
「Media stories」とはマスコミの記事のことです。
「Debunking」とは本当でないと示すことです。
「Version」とは解釈のことです。
「Retract」とは取り下げることです。
「Admit」とは認めることです。

沈黙は認知的不協和(Cognitive dissonance)に陥っているサインですw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント