スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

間違いを認めることができない人

2019年9月8日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-09-08

ディルバートがPHBに「『CRYPTO』を間違ってスペルしましたよ」と指摘すると、PHBは「そんなことはしていない」と反論します。
ディルバートが「『CRIPTO』と綴ったよ」と言うと、PHBは「で?」と聞きます。
ディルバートが「『CRYPTO』に『I』は入っていないよ」と言うと、PHBは「私はそうやってスペルするように習った」と言います。
ディルバートは「間違って習ったよ、誰もそんな様に綴らない」と言います。
PHBは「今度は革新的であることを批判しているのか?」と聞くと、ディルバートは「革新じゃない、間違いだ!」をイラつきます。
ディルバートが「何で間違っていたと認められないのだ?!」と切れるとPHBは、、、

「Spelled」とはスペル、綴ることです。
「Crypto」とは暗号のことです。
「So?」とは「だから?」とか「で?」といった感じです。
「Learned」とは習うことです。
「Criticizing」とは批判することです。
「Innovator」とは革新家のことです。
「Innovation」とは革新技術のことです。
「Mistake」とは間違いのことです。
「Admit」とは認めることです。

話題をすり替えるのは常套手段ですw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント