スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

発表を理解できない時どうするか

2019年11月3日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-11-03

ディルバートが「これが私のブロックチェーンの提案です、何か質問はありますか?」と聞くと、PHBが「わからなった部分がある」と言います。
ディルバートが「どの部分?」と聞くとPHBは「言葉」と答えます。
ディルバートが「全部?」と聞くとPHBは「変なのだけ」と言います。
PHBが「例えば、『トークン』『スマートコントラクト』『確実性のサービス』『UTXO』『ノード』『レジャー』『DAPS』とか」と説明します。
ディルバートが「じゃあ、この1時間何も理解していなかったと?」と呆れます。
PHBは「私に責任転嫁するな」と反発します。
ディルバートが「説明するように聞けたでしょう」と言うとPHBは、、、

「Blockchain」とはブロックチェーンのことです。
「Proposal」とは提案のことです。
「Questions」とは質問のことです。
「Part」とは部分のことです。
「Understand」とは理解することです。
「Words」とは言葉のことです。
「Goofy」とは変なことです。
「Token」とはトークンのことです。
「Smart contract」とはスマートコントラクトのことです。
「Certainty as a service」とは確実性のサービスのことです。
「UTXO」とは「Unspent transaction(TX) output」の頭文字で、ブロックチェーン内のまだ消費されていない契約の出力のことで、次の契約の入力に使われます。
「Node」とはノードのことです。
「Ledger」とはレジャー、会計の台帳のことです。
「DAPS」とは「Decentralized Anonymous Payment System」の頭文字で、匿名分散支払いシステムのことです。
「Past」とは過去のことです。
「Turn」とは変えることです。
「Fault」とは責任のことです。
「Asked」とは聞くことです。
「Clarify」とは明らかにすることです。
「End」とは終わることです。

続きはコチラw
ブロックチェーンの使い道

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント