スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

消極的事実の証明

2020年1月9日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-09

愚行裁判所の裁判官が「ディルバートは常にボスが欲しいことを魔法のように知っていないといけないと判決を下します」と告げます。
ディルバートが「私は読心術者ではない」と訴えると、裁判官は「証明しろ」と命じます。
ディルバートが「どうやって『人の心を読めない』と証明できるんだ?」と聞くと裁判官は、、、

「Court」とは裁判所のことです。
「Stupidity」とは愚行のことです。
「Rules」とは判決を下すことです。
「Magically」とは「魔法のように」ということです。
「Know」とは知ることです。
「Boss」とは上司のことです。
「Mind-reader」とは読心術者のことです。
「Prove」とは証明することです。
「Minds」とは思考のことです。
「Easy」とは簡単なことです。
「Thinking」とは考えていることです。

消極的事実を証明させる(Prove a negative、「無い」という事を証明)のは負け犬思考だと、スコット・アダムスの最新本「負け犬思考(Loserthink)」に書かれています!!

Loserthink: How Untrained Brains Are Ruining America

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント