スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

写真に写ってはいけない理由

2020年1月12日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-12

ティナがディルバートに「あなたと友人ではいられない、SNSで気になる写真を見たから」と告げます。
さらに「私の嫌いな思想を持っている人と一緒に集合写真に入っていた」と言います。
ディルバートが「何でそれで私が悪人になるか説明してくれる?」と聞くとティナは「もちろん、そんなこともわからないのか」と答えます。
ティナは「他の人と一緒に写真に入ると、その人たちの欠点を引き継ぐの」と説明します。
ディルバートが「そのように行くのじゃないと思うけれど」と反論するとティナは「まったくその通りになるの!イヤなヤツと一枚でも一緒に写真に写ると、あんたのイヤなヤツになる」と怒ります。
ディルバートが「はい、笑って」とティナと一緒に自撮りしようとすると、、、

「Friend」とは友人のことです。
「Disturbing」とは気に障ることです。
「Photo」とは写真のことです。
「Social media」とはソーシャルメディア、SNSやツイッターなどのことです。
「Group」とはグループ、集合のことです。
「Opinions」とは意見のことです。
「Abhor」とは忌み嫌うことです。
「Explain」とは説明することです。
「Duh」とは「常識だろ」といった感じで相手を蔑む言葉です。
「Appear」とは出現することです。
「Acquire」とは引き継ぐことです。
「Characteristics」とは性質のことです。
「Works」とは機能することです。
「Exactly」とは「まったく」といった感じです。
「Jerk」とはイヤなヤツのことです。
「Case closed」とは「決着はついた」といった感じで、これ以上議論の余地がないと思ったときに言います。
「No-ooo!!!」とは「イヤぁぁぁ」といった感じです。

自分がしてもらいたいように、他人にもしようw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント