スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

ヘルプデスクの真相

2020年5月10日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-05-10

PHBがドッグバートに「アシュックをヘルプデスクの代替員として訓練してほしい」とお願いします。
ドッグバートがアシュックに「ヘルプデスクの目的は相手に問題はあちら側にあると説得すること」と教えます。
さらに「そのためには、彼らに無理難題を与えます」と説明します。
そして「その内あきらめます、見てな」と実践します。
ドッグバートが客に「フムフム、、、パソコンを再起動してみて下さい」と聞きます。
次に「今度は『Ctrl+Esc+Space+Del』をちょうど27.3秒押してからもう一回やってみて下さい」と勧めます。
最後に「上手くいかなかった?パソコンのバイナリから0と1の順番がおかしいところがあるか探してみて下さい」とお願いします。
ドッグバートが「そして~、、、切られた」と告げるとアシュックは、、、

「Train」とは訓練することです。
「Fill in」とは代わりを務めることです。
「Tech support」とは技術サポート、ヘルプデスクのことです。
「Goal」とは目的のことです。
「Convince」とは説得することです。
「Caller」とは顧客のことです。
「Problem」とは問題のことです。
「End」とは側のことです。
「Recommending」とは勧めることです。
「Increasingly」とは増加していくことです。
「Difficult」とは困難なことです。
「Try」とは試すことです。
「Eventually」とは「その内」ということです。
「Give up」とはあきらめることです。
「Watch」とは観測することです。
「Learn」とは学習することです。
「Uh-huh」とは「フムフム」といった感じの相槌です。
「Rebooting」とは再起動することです。
「Holding」とは「押しながら」ということです。
「Control-Escape-Space bar-Delete」とはキーボードのボタンのことです。
「Exactly」とは「正確に」ということです。
「Luck」とは運のことです。
「Looking」とは検査することです。
「Binary code」とは機械語のことです。
「Out of order」とは順番が違うことです。
「Aaand」とは「そして~」といった感じです。
「Gone」とはいなくなることです。
「Click」とは「カチッ」とクリックした音です。
「Genius」とは天才的なことです。

問題は心の中にあるw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント