スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

永久に在宅勤務する条件

2020年7月5日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-07-05

ディルバートが「永久に在宅勤務してもいいかな」と聞くとPHBは「問題ない、ただちゃんと働いているか確認できるようにやってもらいたいことがある」と答えます。
ディルバートが「例えば?」と確認するとPHBは「まあ、明らかに状況報告ももっと頻繁にしてもらう」と言います。
ディルバートが「妥当だね」と納得するとPHBは「そしてキーストロークやスマホの位置情報を記録しないといけない」と追加します。
ディルバートが「なんと、まあ自宅勤務の自由と引き換えなら慣れることができるかな」と言い聞かせるとPHBは、、、

「Maybe~」とは「~できるかな」といった感じで提案しています。
「Permanently」とは恒久的なことです。
「Work at home」とは在宅勤務のことです。
「Problem」とは問題のことです。
「Make sure」とは確実にすることです。
「Such」とは例えのことです。
「Obviously」とは明白なことです。
「Frequent」とは高頻度なことです。
「Status」とは状況のことです。
「Reports」とは報告のことです。
「Reasonable」とは妥当なことです。
「Track」とは記録することです。
「Keystrokes」とはキーストローク、タイプした文字のことです。
「Phone」とはスマホのことです。
「Location」とは位置情報のことです。
「Wow」とは「なんと」と驚いている感じです。
「Well」とは「まあ」といった感じです。
「Okay」とは「わかった」といった感じです。
「Guess」とは思うことです。
「Get used to」とは慣れることです。
「Return」とは交換条件のことです。
「Freedom」とは自由のことです。
「Loosened」とは緩くすることです。
「Fitting」とはサイズ合わせのことです。
「Body cam」とはボディカメラのことです。

慣性の法則w

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

この記事へのコメント