スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

写真に写ってはいけない理由

2020年1月12日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-12

ティナがディルバートに「あなたと友人ではいられない、SNSで気になる写真を見たから」と告げます。
さらに「私の嫌いな思想を持っている人と一緒に集合写真に入っていた」と言います。
ディルバートが「何でそれで私が悪人になるか説明してくれる?」と聞くとティナは「もちろん、そんなこともわからないのか」と答えます。
ティナは「他の人と一緒に写真に入ると、その人たちの欠点を引き継ぐの」と説明します。
ディルバートが「そのように行くのじゃないと思うけれど」と反論するとティナは「まったくその通りになるの!イヤなヤツと一枚でも一緒に写真に写ると、あんたのイヤなヤツになる」と怒ります。
ディルバートが「はい、笑って」とティナと一緒に自撮りしようとすると、、、

「Friend」とは友人のことです。
「Disturbing」とは気に障ることです。
「Photo」とは写真のことです。
「Social media」とはソーシャルメディア、SNSやツイッターなどのことです。
「Group」とはグループ、集合のことです。
「Opinions」とは意見のことです。
「Abhor」とは忌み嫌うことです。
「Explain」とは説明することです。
「Duh」とは「常識だろ」といった感じで相手を蔑む言葉です。
「Appear」とは出現することです。
「Acquire」とは引き継ぐことです。
「Characteristics」とは性質のことです。
「Works」とは機能することです。
「Exactly」とは「まったく」といった感じです。
「Jerk」とはイヤなヤツのことです。
「Case closed」とは「決着はついた」といった感じで、これ以上議論の余地がないと思ったときに言います。
「No-ooo!!!」とは「イヤぁぁぁ」といった感じです。

自分がしてもらいたいように、他人にもしようw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

画期的な戦略

2020年1月11日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-11

PHBがチームに「新しい戦略は素晴らしい商品を作って、妥当な価格で売ることです」と報告します。
ディルバートが「」と聞くとPHBは、、、

「Strategy」とは戦略のことです。
「Great」とは素晴らしいことです。
「Products」とは商品のことです。
「Fair」とは程よいことです。
「Rather」とは「より好む」ことです。

クソ商品でぼったくるw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

純真を失う

2020年1月10日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-10

PHBがディルバートに「プロジェクトはどんな感じ?」と聞きます。
ディルバートは「上手くいっていたんだが、巨大な愚かさの波が来て私の神性を消してしまった」と答えます。
ディルバートが「私はどうなってしまうのだろう」と相談するとPHBは、、、

「Project」とはプロジェクトのことです。
「Thick」とは分厚いことです。
「Wave」とは波のことです。
「Stupidity」とは愚かさのことです。
「Swept」とは通り過ぎることです。
「Extinguished」とは消火することです。
「Spark of divinity」とは人に宿っている神の一部のことです。
「Become of~」とは「~がどうなってしまうか」ということです。
「Transfer」とは異動することです。
「Marketing」とはマーケティング部門のことです。

エンジニアが純真を失う瞬間w

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

消極的事実の証明

2020年1月9日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-09

愚行裁判所の裁判官が「ディルバートは常にボスが欲しいことを魔法のように知っていないといけないと判決を下します」と告げます。
ディルバートが「私は読心術者ではない」と訴えると、裁判官は「証明しろ」と命じます。
ディルバートが「どうやって『人の心を読めない』と証明できるんだ?」と聞くと裁判官は、、、

「Court」とは裁判所のことです。
「Stupidity」とは愚行のことです。
「Rules」とは判決を下すことです。
「Magically」とは「魔法のように」ということです。
「Know」とは知ることです。
「Boss」とは上司のことです。
「Mind-reader」とは読心術者のことです。
「Prove」とは証明することです。
「Minds」とは思考のことです。
「Easy」とは簡単なことです。
「Thinking」とは考えていることです。

消極的事実を証明させる(Prove a negative、「無い」という事を証明)のは負け犬思考だと、スコット・アダムスの最新本「負け犬思考(Loserthink)」に書かれています!!

Loserthink: How Untrained Brains Are Ruining America

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

やれるものならやってみろ

2020年1月8日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2020-01-08

ドッグバートがディルバートに「あんたの『愚行裁判所』の裁判は延期された」と報告します。
さらに「裁判官が小槌関係のケガを負った」と説明します。
ディルバートが「彼を小槌で叩いたの?」と聞くとドッグバートは、、、

「Trial」とは裁判のことです。
「Court」とは裁判所のことです。
「Stupidity」とは愚行のことです。
「Postponed」とは延期されたことです。
「Judge」とは裁判官のことです。
「Suffering」とは負っていることです。
「Gavel」とは裁判官が使う小槌のことです。
「Related」とは関連のことです。
「Injury」とは負傷のことです。
「Attack」とは攻撃することです。
「Dare」とは「やれるものならやってみろ」と挑発することです。

愚か者は操作しやすいw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ