スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

ニュースの空白を読む

スコット・アダムスが発信されていないニュースから読み取れることについて話しました。


ニュースが報道していることよりも、報道していないことからの方が重要な情報が得られるという事です。

トランプ・ホワイトハウスの場合、第2四半期のGDPが4.1%の成長、経済が良くなっているというニュースを出しました。その後、やけに静かになっています。普段、とんでもないツイートで世界を揺るがしているトランプがです。そうすると、マスコミは経済のことを報道せざるを得なくなります。これはトランプのパースエージョンのテクニックの一つです。

別の空白で、トランプによる規制撤廃のニュースの欠如もあげました。反トランプのマスコミがなぜ、
「規制撤廃の結果、こんなひどいことが起きた!!」
というニュースを流していないのか?何百もの規制をペン一つで撤廃したのだから、一つくらいは悪い影響が生じてもおかしくない。
・おもしろくないから?センセーショナルじゃないから?
・データがまだそろっていないから?
・全部の影響を調べるリソースがないから?

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
posted by スコット・アダムス曰く at 02:33Comment(0)動画

失言の48時間ルール

3秒ルールってありますよね。食べ物を落としても、3秒以内だったら拾って食べても大丈夫ってやつです。

スコット・アダムスはそれの失言版、「48時間ルール」を提案しました。


37分からです。

公人が失言などの問題発言をしたとします。
「○○って言いましたが、どういうことですか?」とマスコミなどが聞きます。
釈明や訂正や謝罪を出すのに48時間与えるわけです。
そして、48時間以内にその人が何か言った場合、それを公式な意見として扱って、最初の発言は流すことにします。
「心の奥で秘めた意見」として扱わない、ってことです。

「釈明なんて、ウソでもなんとでも言えるじゃないか!」と思うかもしれません。
ウソでもいいのです。人は公に何か言った場合、その発言に近づくという研究があります。その時ウソだったとしても、次第にそのように行動して変わっていけばよいのです。

これで世の中がよりよいものになっていきます。

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
posted by スコット・アダムス曰く at 04:46Comment(0)動画

黄金時代の良いニュース

黄金時代です。

黄金時代


・アメリカのGDP4.1%成長
・北朝鮮からアメリカ兵55人の遺骨の返還
・消費者意識が楽観に傾いている
・EUとの貿易戦争⇒良い結果になるかもしれない
・税金引き下げが経済に貢献している
・シリア問題で、イスラエルとロシアが協力している
・ロシアがイランから離れ始めている
・失業率が低い

人間はニュースが「良い」と「悪い」かは判断できないらしいです。
「最悪の事態」に見えるものが実は「問題解決に向かい始めた」かもしれない。

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
posted by スコット・アダムス曰く at 10:58Comment(0)動画

米国発の貿易戦争の行方

スコット・アダムスが米国発の貿易戦争の行方を予言しました!!


貿易戦争の話は17分からです。

まずトランプがすべての国に関税をかけ始めて、世間が「貿易戦争だ!世界の終わりだ!」と騒ぎます。どの国も報復関税とかかけますが、アメリカが一番輸入も多く、体力(金)もあるのでどこかが折れます。どこも折れる一番手にはなりたくないです。カッコ悪いからです。もう無理、となるまでみんな頑張ります。最初の数週間は経済も最悪になって恐慌になると思われます。

で、EUが最初に折れました。代表者のユンケルは選挙で当選した国の代表ではないので、一番折れやすかったとも言えます。

今ここです。

EUはアメリカと交渉に入って、関税撤廃やらを話しあいます。少なくともEUとは貿易戦争をしなくて済みそうです。最終的にいいディールになるのかは、複雑すぎて誰にもわからないでしょう。

ここからは他の国の内部からアメリカと交渉する圧力が生じます。
「EUは回避できたのに、なんで我が国は交渉しなのだ!?」
EUが前例をつくったので、ほかの国も交渉に入りやすくなります。ドミノ倒しで、次々と交渉に入っていくでしょう。中国はおそらく最後の方になります。

トランプとユンケルはもうラブラブ!!



応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
posted by スコット・アダムス曰く at 10:22Comment(0)動画

トランプの全大文字ツイート

トランプの全大文字ツイートがニュースになっています。イランのロウハニ大統領に向けたもので、かなり挑発しています。

スコット・アダムスの見解(ペリスコープ動画)です。




もともと、ロウハニ大統領が「mother of all wars(戦争の中の戦争)」「mother of all peace(平和の中の平和)」と、イランの対応を誤るな、と警告していました。

これは、イランが平和をちらつかせているわけですが、その前に緊張感を最大限にまで上げる必要があるのです。ふたりで最大限にまで上げた後、どちらかが不意に仲良くなるシグナルをだすわけです。

去年見た、北朝鮮の金正恩とのやりとりの再現です。
「Little Rocket Man(小さいロケットマン)」
「Dotard(おいぼれ)」
「Short and Fat(チビデブ)」

ここで、いつか友達になれるかも?とも言っています。

イランとも同じようにサミットにたどり着くことができれば、
「北朝鮮⇒ロシア⇒イラン」
のコンボで外交成果をかかげるでしょう。

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
posted by スコット・アダムス曰く at 10:35Comment(0)動画