スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

アメフトの国歌問題を解決

スコット・アダムスがアメフトの国歌問題を解決するために立ち上がりました。

国歌問題とは、アメフト選手のケイパーニック(Colin Kaepernick)が始めた運動です。
アメリカのスポーツの試合の開始前に国歌斉唱をしますが、敬意を払って全員起立します。
(さらに帽子を取って、右手を心臓の上に置きます。)

ケイパーニックは警察による人種差別に抗議するため、2016年から膝をついて(kneel、ニール)いるのです。これに同調する選手もポツポツ出てきました。
立たない選手たちをニーラーズ(kneelers)と呼んでいます。

スコットによると、ケイパーニックは強いパースエージョン(A+級)を使っているけれど、続いている人たちはもはやショーでしかない、と言っています。
まず、ケイパーニックは目立った、話題をかっさらった。まだ話題になっている。自分の将来もかかっている、いつクビになってもおかしくない。暴力的でない、平和な運動である。主張がはっきりしている。

でもチーム全体で膝をついている人たちは全員心が一致しているだろうか?フットボールをしたいだけ、という人もいるのではないでしょうか?選手たちの意識に温度差があっても不思議でなありません。

では、解決方法です。


具体的で、小さいところから試せる提案を募集しています。そして警察側でこれらについて「対話」ができるようにしたいのです。

BLM(Black Lives Matter)のホーク・ニューサム(Hawk Newsome)からすでにいくつか提案が出ている。
・警察に捕まった人が医療を求めたら、とりあえず与える。(現在は警察の判断に任されている)
・警官が武装されていない一般人を撃った時などで、報告書に嘘を書いたら、警官を逮捕すること。

スコットは連邦レベルの犯罪データベースを提案しています。そこでどの自治体がうまくいっているとか、どこがうまくいっていないとか、比較してお互いに学習できるようにしたい。測定できないのはよくない。

そこで、警察側の人で提案について会話したり、検討できる人を募集しています。「警察に対してデモを起こすのは良くない」と言っているだけでは、何も始まらない。

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

"アメフトの国歌問題を解決"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。