スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

シミュレーション理論

2019年3月3日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-03-03

ディルバートがドッグバートに「シミュレーションされた世界を全部ソフトウェアで創った」と教えました。
「中の人が全員、自由意志を持った実在の人間であると信じるようにプログラミングした」と説明します。
ドッグバートが「知覚を持っているの?」と聞くと、ディルバートは「彼らはそう思っている」と答えます。
ドッグバートは「彼らが自分たちの真相を発見したらどうするの?」と聞きます。
ディルバートは「現実の壁を観測できないように、物理法則に限界をプログラミングしておいた」と解説します。
「例えば、光速を超えられないので宇宙の果てまでは行けない」と。
さらに、「自分たちが何でできているかは、量子レベルまで行くと確率にしか見えなくしたのでわからない」と。
ドッグバートが「その限界から頭のいい人が気づくんじゃない?」と言うとディルバートは、、、

「Created」とは作成することです。
「Simulated」とはシミュレーションされていることです。
「World」とは世界のことです。
「Entirely」とは完全に、ということです。
「Software」とはソフトウェアのことです。
「Programmed」とはプログラミングすることです。
「Simulation」とはシミュレーションのことです。
「Free will」とは自由意志のことです。
「Sentient beings」とは知覚を持っていることです。
「Discover」とは発見することです。
「True nature」とは真相のことです。
「Limits」とは限界のことです。
「Physics」とは物理法則のことです。
「Observe」とは観測することです。
「Walls」とは壁のことです。
「Reality」とは現実のことです。
「For example」とは「例えば」といった感じです。
「Edge」とは端のことです。
「Universe」とは宇宙のことです。
「Exceed」とは超えることです。
「Speed of light」とは光速のことです。
「Made of」とは作られていることです。
「Probablility」とは確率のことです。
「Quantum level」とは量子レベルのことです。
「Tip off」とはバレることです。
「Smart」とは賢いことです。
「Coded」とはプログラミングすることです。
「Trust」とは信用することです。

シミュレーション理論ですね。
スコット・アダムスは現世がただのシミュレーションである確率が一番高いと言っています。
ディルバートのシミュレーションの中でも誰かがシミュレーションを創っていますw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

"シミュレーション理論"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。