スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

失敗のすすめ

2019年4月28日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-04-28

ウォーリーがPHBに「今回のシステム導入は大惨事だ」と報告します。
さらに「全部チャラにして最初から再設計しないといけない」と説明します。
「これをできるのは私しかいない」と続けます。
「でも事の大きさを考えると、昇給と昇格なしではやりたくない」と。
PHBが「あんたが引き起こしたんじゃなかった?」と聞きます。
ウォーリーは「そう、だから直し方も私にしかわからない」と答えます。
PHBが「恐喝しているのか?」と言うと、ウォーリーは「いやいや、そんなんじゃないよ」と言います。
PHBがさらに「それって失敗に褒賞を与えることにならないか?」と聞くとウォーリーは、、、

「System installation」とはシステム導入のことです。
「Catastrophe」とは大惨事のことです。
「Tear it out」とは引きはがすことです。
「Re-arcitect」とは再設計することです。
「From scratch」とは「白紙から」といった感じです。
「Qualified」とは資格があることです。
「Lead」とは導く、引っ張ることです。
「Effort」とは努力、プロジェクトのことです。
「Enormity」とは大きさのことです。
「Raise」とは昇給のことです。
「Promotion」とは昇格のことです。
「Cause」とは引き起こすことです。
「Blackmailing」とは恐喝することです。
「Rewarding」とは褒賞を与えることです。
「Failure」とは失敗のことです。
「Label」とは名前を付けることです。

直したバグの個数に応じてボーナスを与えたら意図的にバグを作り出す人が出たらしいですw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

"失敗のすすめ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。