スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

認知的不協和に陥った人

2019年5月19日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-05-19

青シャツがディルバートに「どうしてみんなに僕のプロジェクトが中止になったと言いまわっているのだ?」と責めます。
ディルバートが「そんなこと一言も言っていない」と言うと青シャツは「大ウソつき、テッドへのメールを見たぞ」と噛みつきます。
ディルバートは「今そのメールを見せて、あんたのプロジェクトのことが一切書いていなかったら、間違いを認めて謝りますか?」と聞きます。
青シャツは「それは約束できない」と言います。
ディルバートは「まあいいや、これがそのメールで、明らかにあんたが見違っていたとわかる」と見せます。
青シャツが「加工されているように見える」といちゃもんをつけるとディルバートは、、、

「Telling」とは言いまわることです。
「Project」とはプロジェクトのことです。
「Canceled」とはキャンセルされたことです。
「Liar」とは嘘つきのことです。
「Email」とはEメールのことです。
「Admit」とは認めることです。
「Wrong」とは間違っていることです。
「Humbly」とは「謙虚に」ということです。
「Apologize」とは謝罪することです。
「Commit」とは約束することです。
「Anyway」とは「まあいいや」と話を戻すために使います。
「Plainly」とは「明らかに」ということです。
「Photoshopped」とはフォトショップで加工された、偽造されていることです。
「Winning path」とは勝つ方法のことです。

認知的不協和(Cognitive dissonance)に陥った人ははたから見ると面白いw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

"認知的不協和に陥った人"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。