スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

真実は小説よりも

2019年10月2日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-10-02

ディルバートがドッグバートに「私のアルゴリズムによると、段々とパロディー転換点に向かっています」と言います。
さらに「それは、現実があまりにもバカバカしくなって、パロディーと区別できなくなった時に起こる」と説明します。
ドッグバートが「政府が直せるかも」と言うとディルバートは、、、

「According to~」とは「~によると」といった感じです。
「Algorithm」とはアルゴリズム、計算方法のことです。
「Heading toward」とは向かっていることです。
「Paradoy」とはパロディー、偽物のことです。
「Inversion point」とは転換点のことです。
「Happens」とは起こることです。
「Reality」とは現実のことです。
「Absurd」とはバカバカしいことです。
「Indistinguishable」とは区別できないことです。
「Government」とは政府のことです。
「Fix」とは直すことです。
「GAAA!!!」とは「ぎゃーーー!!!」といった感じ苦しんでいます。
「Tell」とは判別することです。
「Serious」とは真面目なことです。

真実は小説よりもアホらしいw

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

"真実は小説よりも"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。