スカイプで格安マンツーマン英会話レッスン

シミュレーション内にいると判断できない理由

2019年10月12日のディルバート

http://dilbert.com/strip/2019-10-12

ドッグバートはディルバートに「言いたくなかったけれど、あんたは3次元の創作者が創ったシミュレーションなのだ」と説明します。
さらに「そした私は創作者のアバターで、この世界と対話するためにいる」と。
ディルバートが「それを真実として受け入れるのを拒否する」と反発するとドッグバートは、、、

「Tell」とは知らせることです。
「Simulation」とはシミュレーションのことです。
「Designed」とは設計することです。
「Tree-dimensional」とは3次元のことです。
「Creator」とは創作者のことです。
「Avatar」とはアバター、分身のことです。
「Interact」とは対話することです。
「World」とは世界のことです。
「Refuse」とは拒否することです。
「Believe」とは信じることです。
「True」とは真実のことです。
「Yep」とは「Yes」の口語で、「そう」といった感じです。
「Made」とは創ったことです。

先週の続きですねw
http://scottadams.seesaa.net/article/470698799.html

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

"シミュレーション内にいると判断できない理由"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。